まだまだ新米店長
支えてくれるスタッフと
一緒に成長していきたい

廣恒 小枝[IL BISONTE]

憧れのブランドで働く日が来るなんて

ルック入社前にも服飾関連のショップで働いていたこともあり、楽しかった記憶からまた同じような環境で働きたいと思うようになりました。
採用が決まった時は、「好きなブランドで働くことができる日が来るなんて」とうれしくて!以前の職場での接客経験などが活かせたらと思っていました。しかし、実際に仕事を経験してみると、これまでの知識にプラスして、ブランドに沿った接客を加味する必要があると知りました。[IL BISONTE]のお客様は、革の知識が豊富な方も多いので、店頭ではお客様がまだ知らないこの先の変化や楽しみをお伝えすることが大切です。ブランドや革の知識については、[IL BISONTE]MD主催の、講習会で勉強。接客については、お店の先輩方の接客をみて学び、お客様に実際の使い心地や革のなじみや味などをお伝えしたりと、会話が弾むように心がけています。

風通しの良い環境づくりで、
共に高め合う

2016年4月にチャンスが巡ってきて、今の店舗の店長を務めることになりました。まだ新米店長ですので、周囲のスタッフに支えてもらいながら、一緒に成長していけたと思っています。今もっとも大切にしているのは、スタッフとのコミュニケーションを大切にし、自分の意見を提案しやすい環境をつくること。それぞれが今、何を思い、考えているのかヒアリングし、改善が必要な場合には意見交換ができるようにしています。また、「次はこんな風にしてみたらどう?」とアドバイスを行うこともあります。すると、接客をちょっと変えてみただけで、お客様への印象がより良くなったと喜ぶスタッフもでてきました。
予算を達成することも大変重要ですが、その一方で、良い接客をするという数字にあらわれない部分を大切にしたいという気持ちも。[IL BISONTE]らしい肩に力を入れないリラックスできる接客を心がけていきたいと思っています。

丁寧な接客で
ブランドイメージを伝えること

イタリアのブランドである[IL BISONTE]の商品は、一つひとつ職人の手によって生まれます。日本では、ボタンの向きやパーツなどがきちんと揃っていることがマストですが、このブランドはそうはいきません。手作業ならではの不揃い感や革の経年変化などをお話し、唯一の商品であり、ひとつの味として楽しんでいただくことをご提案しています。自分たちで[IL BISONTE]のイメージをしっかりと伝えること、お客様に対していつも真摯な態度でのぞむことを大切にしたいと思っています。

この店舗ならでの魅力を伝えたい

私自身は肩の力を抜いて自分らしくがんばりたいタイプなので、ゆったりと流れる時間のなかで働ける今の環境をありがたく感じています。今いる店舗のテーマは「ガーデン」。地元のお客様をはじめ、訪れた方々が日常生活に近い雰囲気の中でおだやかな気持ちで過ごしていただける空間を提供しています。お客様と会話を楽しみながら過ごせるのが、この店舗ならではの魅力。販売する私たちも肩の力を抜いたゆとりのある接客を心がけていきたいと思っています。日々の手応えは小さなものかもしれませんが、それを積み重ね、モチベーションを高く保てたらと考えています。

ライフスタイルが変わってもずっとこの仕事を

[IL BISONTE]の商品は、まさに一生もの。長年使って味を楽しんでいただく商品なので、お誕生日や記念日に買われるお客様も多いんです。そんなお客様の思い出のひとコマに携わることができるのも、この仕事の魅力。
店長になると接客以外の業務やお店づくりなど、やることも盛りだくさんですが、それでもいつも気持ちにゆとりをもちながら、お客様にとってもスタッフにとっても心地よい場所をつくっていけたらと思っています。
そしていつか、結婚しても、出産しても、やりがいの多いこの仕事をそれぞれのステージに合わせて続けていけたらと願っています。

PEOPLE 一覧に戻る