大好きな服や多くの方
と深く関わりながら
一歩ずつ夢に近づきたい

高澤 真穂

PROFILE ~これまでの経歴~

数字と現場、どちらも知りつくすことが大切

子どもの頃から服が大好きで、小学生の頃には買い物に行くのが楽しみでしょうがなかったんです。その頃から服に携わる仕事がしたいと思っていました。就職活動ではたくさんの会社を訪問しましたが、面接を重ねていくうちに、ルックの方々のあたたかい雰囲気や言葉に惹かれていくように。働くならここがいい!と強く思い、入社を決めました。
入社して最初の1ヵ月間は新人研修を受け、[SCAPA]事業部の営業として配属された今は、先輩の下について仕事を覚える日々です。売上や在庫などの数値データを分析したり、店舗ごとの課題について店長を含め販売スタッフの方々と共有し、解決策の検討をしたりしています。
日々の業務で心がけていることは、信頼関係の構築です。数値データだけではわからない店舗の実状を知るために、頻繁に店舗に足を運び、販売スタッフや取引先の方々との会話を通して、少しずつ信頼関係を築くようにしています。

これまでは、ただ服が好きという気持ちだけでファッションと接してきましたが、今は各店舗の売上などファッションを数値データで捉えること、人との関係を深めながらみんなで仕事を全うしていくことを学んでいます。

MY WORK ~現在の仕事内容~

生きた情報をどれだけつかめるか

現在、担当しているブランド[SCAPA]は、上質感を求めるお客様への訴求をより高めていくため新たなMD戦略に取り組んでいます。年2回開かれている展示会では新たな商品ラインナップを発表しました。展示会では、取引先や顧客の反応などを見ながら、デザインの変更や発注数などの調整が行われます。
ただ、同じブランドであっても、立地やご来店いただくお客様によって品揃えが変わってきます。フォーマルな商品が人気の店舗もあればカジュアルな商品が好まれる店舗もある、そんな違いを感じられるのも、この仕事の楽しさのひとつです。
いつも午前中はオフィスでデスクワーク、午後からは各店舗をまわりブランドを取り巻く実状を把握。自分たちの店舗だけでなく周囲のお店にも足を運ぶことで、どんなデザインのものを展開しているのかなどをリサーチし、数値データからはわからない生きた情報をつかむようにしています。

TURNING POINT
~仕事上でのやりがい、喜び、苦労など~

もう一度、お客様をお店に呼び戻したくて

担当している店舗で、思うように売上が伸びないことがありました。そこで店長や営業の先輩と相談し、顧客リストの見直しを行うことに。ご来店が遠のいているお客様に対して改めてブランドの魅力を再確認していただけるよう、ハガキなどでのお声がけを販売スタッフや会社の方々と一緒に行いました。一つひとつは地道な作業ですが、そのあと徐々に売上げが回復。販売スタッフにとっても、施策を提案した営業の私たちにとっても、うれしい出来事となりました。販売スタッフの声を吸い上げ、一緒に売上げを上げていくことは、この仕事のおもしろいところ。そのため、数値データだけでなく店舗の実状を把握することが大事なんだと痛感しています。
また、ルックに入社し、日々感じるのは風通しの良さ。たとえ新人であっても、会議で自分の考えを積極的に発言できる環境があり、先輩や上司との距離の近さを実感できます。私を含めた同期の4人とは、毎月食事に行くほど仲良し。経験していることが一緒なので、気持ちを共有しながら、みんなで成長していけるのが心強いです。

MY FUTURE ~今後の目標~

いつかはMDとして自社ブランドを世界へ

ファッションの世界を歩きだしたばかりの私ですが、いつかはMDになることを夢みています。入社前から聞いていた、「見た目ほど華やかな世界ではない」ということも実感していますが、その上でも、企画、製造、販売など、服をあらゆる角度から知ることができるMDという仕事は、とても魅力的に感じます。
ルックでは新人の多くは、営業職からスタート。販売スタッフの方と接する機会が多く、店舗と営業は距離が自然と近くなります。しっかり店舗の実状を理解した上で、いつかはMDとして活躍したいと思っています。
また、入社前は海外ブランドを扱いたいと考えていましたが、会社として自社ブランドにも力を入れているので、最近では「自社ブランドを立ち上げて世界に広げたい」。そんな新たな夢も生まれました。

WORK STYLE
~仕事をする上でのこだわり~

母から譲りうけた時計が毎日大活躍

仕事柄、お店からお店へと移動が多いため、時間を確認するための腕時計は必須です。この時計は、私が20歳のときに母から譲りうけたもの。さすがにベルトは変えましたが、長く使えるデザインと丈夫さがお気に入りです。特に「何時まで」と時間に追われているときには、1日に何度も見ることも。忙しい毎日をいつも支えてくれています。

PEOPLE 一覧に戻る